グレート・ザ・歌舞伎町 写真集

タイトル:GREAT THE KABUKICHO
著者:グレート・ザ・歌舞伎町
編集:山口源造、仲田舞衣
造本:町口景
発行:DOUMORI PUBLISHING
価格:6,500円(税込7,020円)

歌舞伎役者を模したルックスで人気を博し、“東洋の神秘”と謳われてアメリカでも活躍した名レスラー「ザ・グレート・カブキ」(現在は飯田橋で居酒屋を経営)。東洋一の繁華街として名を馳せ、今尚、合法と非合法が入り乱れる“眠らない街”「歌舞伎町」。

本人は「何の意味もないけれど」と断るが、上述のふたつの名を“強引”にドッキングした名を冠する写真家、グレート・ザ・歌舞伎町の遅すぎたデビュー作とも言える写真集「Great The Kabukicho」。

本作は主に、2000~2015年にかけて撮影されました。皇居前広場から福島第一原発へ。六本木の米軍基地、恐山、後楽園ホール、闘犬、刺青、暴走族、デモ、御柱祭、バーニングマン、鬼、ダライ・ラマ14世、リー・ペリー、皆既日食、若松孝二、東日本大震災、祝島、大飯原発、キューバ、北朝鮮、広島、富士総合火力演習…………。一見、脈略のない写真の連なりに見えますが、ページをめくるたびに脳髄を揺さぶるのは、現代ニッポンの凹凸とも言うべき“違和感”と“おかしさ”。

是非是非、本作を手にとって、ぶん殴られてみてください。
 

完売御礼 SOLD OUT

抱くことば

タイトル:抱くことば
著者:ダライ・ラマ14世
写真:グレート・ザ・歌舞伎町
発行:イースト・プレス
フォーマット:Kindle版
ファイルサイズ:94919 KB
紙の本の長さ: 162 ページ
価格:税込1,016円

人はなぜ生まれるのか?人はなぜ生きるのか?
ダライ・ラマからの不滅のメッセージ。

写真+言葉でボリューム満点、新しいダライ・ラマ本の誕生!

ダライ・ラマの包み込むような言葉がこの1冊に。

ダライ・ラマ法王14世の名言100をピックアップ。
優しい言葉で語られしみじみと胸に響く1冊です。
悩み行き詰まったときに読み返せば生きる希望が見えてくるはず。
写真家、グレート・ザ・歌舞伎町がチベット亡命政府ダラムサラや
東京で撮影したダライ・ラマ法王14世の姿も同時掲載。
チベットからダラムサラに亡命してきた僧侶や住人たち、
ダラムサラの町並みなど、チベット人の“いま”を伝えるリアルな写真も満載です。
 

購入する

円空仏

タイトル:円空仏
写真:グレート・ザ・歌舞伎町
発行:中村真(イマジン株式会社)
価格:税込2,700円

円空が各地の木の中に神仏を見いだし、
その土地の庶民の祈りを彫り出した偉業は、
自然崇拝が見直される現代の日本でこそもっと知られるべきであり、
またクールジャパンとして世界に伝えるべき芸術品だとの思いから制作された写真集。
黒い背景で撮影されることが多い円空仏。
本書は白い背景にこだわり、写真家グレート・ザ・歌舞伎町が
美しく撮りおろした写真によって、
円空が生涯願い続けた「衆生済度」の思想を、
往年の円空ファンのみならず、若い世代や海外の方へも直感的に分かりやすく伝え、
円空入門書として活用できるように構成したスタイリッシュで
画期的なビジュアルブックです。
広く崇敬を集める円空仏の中でも、
これまで書籍などで取り上げられることが少なかった作品を中心に掲載。
特に、岐阜県岩屋観音所蔵の「薬師如来像」と「十一面観音像」は
約30年ぶりにお堂から出された際に撮影しました。
また、仏像のみならず、円空が訪れた土地の風土や自然美を感じられるような風景写真や
円空研究の第一人者として知られる、
円空学会顧問・長谷川公茂氏のインタビューをフランス語の対訳付きで掲載。
 

購入する

RED EYE BLACK CAT

タイトル:RED EYE BLACK CAT
写真:グレート・ザ・歌舞伎町
編集:BlackEyePatch
価格:税込2,484円

BlackEyePatch × Great The Kabukicho
グレート・ザ・歌舞伎町の写真をBlackEyePatchがセレクト、編集、レイアウトを行なったZine。
 

購入する